練馬区の老人ホーム探し方ガイド

家族も安心の練馬区で評判の有料老人ホームを徹底調査しています

サイトマップ

練馬区でおすすめの老人ホーム探し方ガイド » 高齢者が住みやすい街・練馬区の住環境を知る » 練馬区の医療制度

練馬区の医療制度

ここでは、練馬区における後期高齢者医療制度について、また年金の手続きについて知りたいこと確認したいことをわかりやすくご紹介します。

練馬区の後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度とは、 75歳以上の方と65歳以上の方で一定の障害がある方が対象。 制度の対象となるとそれまで加入していた医療険(国民健康保険や社会保険など)を外れ後期高齢者医療制度の被保険者となります。
75歳以上の方は誕生日から自動的に加入。

また65歳以上で一定の障害がある方は、練馬区に申請を行い広域連合の認定を受けた日からが対象です。

後期高齢者医療制度において練馬区が行うことには、次の4つが挙げられます。

  • 保険証などの引き渡し
  • 保険料の未収納付相談
  • 各種申請の受付など
  • 転入などによる加入や資格の喪失届の受付

また広域連合が行うこととして次の4つが挙げられます。

  • 被保険者の認定
  • 保険料の決定
  • 医療の給付
  • 健康事業の実施など

後期高齢者医療制度においては以下のような補助が受けられます。

医療費の一部負担金

医療機関にかかった場合は 窓口で支払いを行い かかった医療費の1割負担になります 。但し、現役並み所得者は3割負担となっています。

限度額適用標準負担額認定証

住民税非課税の世帯の場合には、申請により減額認定証が交付されます。 この減額認定は、 医療機関に提示することで 入院時の食事代が減額されるものです。

高額療養費

1ヶ月にかかる医療費の自己負担額の合が、下記の限度額を超過した場合に申請により超過分が払い戻されます。

  • 現役並み所得者(3割負担)44400円
  • 一般世帯(1割負担)12000円
  • 住民税非課税 世帯(1割負担)8000円

療養費

療養費は、やむを得ず保険証持たずに診察を受けた場合や 、医師の指示によりコルセットなどを作ったときなど、かかった医療費を本人が全額負担します 。ただし後日申請をすることで自己負担分以外の部分について払い戻しを受けることが出来ます。

高額介護合算療養費

医療保険と介護保険のそれぞれの自己負担額 の合計が基準額を超過した場合に、申請によりち超過額が払い戻されます 。支給対象となる方には練馬区より案内が送られます。

第三者の行為による交通事故や障害などで怪我をした場合

交通事故や障害などで怪我をした場合は、広域連合の承諾を得て保険診療を受けることができます。そのため、第三者行為による疾病届や事故証明が必要となります。(警察への届け出が必要)

葬祭費

被保険者がお亡くなりになり葬儀を行った場合には、申請により喪主の方に葬祭費が支給されます。
支給額7万円

このように練馬区と広域連合が連携をし 、後期高齢者医療制度が成り立っています。

練馬区での年金の手続きについて

自分の年金の状態について確認したいことがあったり、知りたいことが あったりすることがあるのではないでしょうか。例えば、このまま働いた場合に何歳からどのくらいの年金を受け取れるかなど確認を行う必要がありますよね。このような場合には、ご自身の人生設計に基づいて、 年金額の試算ができるようになっています 。

(見込額の確認)
ねんきんダイヤル0570051165

また、ご自身の基礎年金番号の確認方法が分からなくなったことはありませんか。
このような場合には、個人情報が含まれるためメールや電話でお答えすることは出来ません。そのため、以下の方法で確認が行うようにして下さい。

  • 青色の年金手帳
  • 基礎年金番号通知書
  • 国民年金保険料の口座振替通知書
  • 国民年金保険料の納付書、領収書
  • 年金証書
  • 年金定期便

それから、現在、国民年金・厚生年金などの年金記録は、国が管理しているため練馬区での取り扱いはありません。 ご自身の年金については、日本年金機構において、納付状況や年金の加入期間、受給額などの確認や相談を行っています。

また、日本年金機構の出先機関として、練馬年金事務所があります 。お問い合わせ先は、以下になります。
電話番号03−3904−5491
さらに、街角の年金相談センター練馬オフィスでは、予約制による年金相談を行っています。但し、電話による年金相談は行っていませんので注意しましょう。

免責事項

本サイトは、「練馬区の老人ホーム探し方ガイド」が独自に調査した内容をもとに構成しております。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトをご覧ください。

ページトップ ▲