練馬区の老人ホーム探し方ガイド

家族も安心の練馬区で評判の有料老人ホームを徹底調査しています

サイトマップ

練馬区でおすすめの老人ホーム探し方ガイド » どう違う?老人ホームの種類と費用の目安 » 住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム

ここでは住宅型有料老人ホームについて、特徴やメリット・デメリット、どんな方に向いている施設なのか紹介しています。

住宅型有料老人ホームとは?

住宅型有料老人ホームは食事・清掃・介護・リハビリ・レクリエーションなど施設スタッフによるサービスが受けられる、民間事業者が運営している施設です。

介護型と違って「特定施設入居者生活介護」認定を受けていないので施設スタッフが介護サービスを提供することはなく、もし介護が必要になった場合は別途、訪問介護等の外部サービスを契約しなければなりません。

最近では住宅型有料老人ホームを別宅として保有し、介護が必要となった時や家族の不在の時だけ利用するというケースもあります。

入居に必要な費用は?

入居費用は入居一時金と月額利用料が必要で、月額利用料は家賃・管理費・食費・水道光熱費・介護保険料(1割自己負担)、その他雑費などがかかります。

自宅でデイサービスや訪問介護を利用するのと同様、住宅型有料老人ホームで介護保険を利用する場合も、介護度や地域によって1割負担対応上限額が決まっています。介護度が重い人の場合、住宅型では介護サービス利用回数が多くなるので介護保険上限額を超えやすく、超えた分は自己負担となってしまいます。介護度の低い人は利用回数が少ないので、上限額を超えず費用が少なくて済みます。

  • 入居条件・・・自立、要介護、要支援
  • 入居期間・・・原則終身
  • 費用目安・・・入居一時金:0~数千万円/月額利用料:10~25万円

住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット

住宅型有料老人ホームのメリットとデメリットには以下の点があげられます。

メリット デメリット
●設備やレクリエーションが充実。
●介護度が低い場合は介護付きより割安。
●軽度の要介護は外部サービスを利用して対応可能。
●外部サービスを利用して健康状態管理ができる。
●基本的に重度の介護状態の人は住めない。
●要介護度が高いと介護サービス費用がかかる。
●入居費が一般に高い。

どういった人に向いてる?

基本的に60歳以上の自立した人が入所しますが、外部サービスを利用して軽度要介護者や要支援者が入れる施設もあります。

身元引受人がいなかったり感染症にかかっていたりする場合は、施設によって基準が違うので事前の確認が必要となります。

免責事項

本サイトは、「練馬区の老人ホーム探し方ガイド」が独自に調査した内容をもとに構成しております。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトをご覧ください。

ページトップ ▲